メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症の高齢者 警察署で保護、一夜明かす例増える 施設不備で不安も

大阪府警北堺署の入り口に置かれた長椅子。夜間に保護された認知症の行方不明者らが夜を明かす=堺市北区で2019年4月18日午後7時34分、小出洋平撮影

 認知症などで行方不明になった高齢者が夜間に保護され、警察署で一夜を明かすケースが相次いでいる。大阪府警によると、昨年は府内で65人いた。ただ署内に高齢者をケアできる宿泊設備はない。長椅子などで過ごしており、健康への影響を危ぶむ声も上がる。夜間に受け入れる自治体は少なく、全国の警察でも基本的に同じ状況だ。都市部を中心に保護数は増えており、今後警察と自治体との連携が課題となりそうだ。

 府警が昨年、道に迷うなどして保護した65歳以上の高齢者は1万176人(前年比493人増)。このうち…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1120文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです