メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「令和」改元の日の婚姻届 多くの自治体が特別窓口や臨時開庁

「令和」になる5月1日の受付時間内に婚姻届を提出したカップルにプレゼントされる「広報なばり」号外の見本=三重県名張市提供

 平成から令和に変わる5月1日は大安と重なる。改元の日を記念日にしようと婚姻届の提出ラッシュが見込まれることから、大型連休中ながら全国の多くの自治体が特別窓口を設けたり臨時開庁するなど“臨戦態勢”で対応する。さらに新生活をスタートさせる2人の門出を祝福したいと、婚姻届を提出した記念にさまざまな企画も考えられている。

 三重県名張市では婚姻届を出すカップルに市報「広報なばり」の号外を発行するサービスを無料で実施する。市報のトップページに当日撮影した2人の写真や市長の祝福メッセージなどをレイアウトする。

 市長が登場する自治体もある。新潟県柏崎市の桜井雅浩市長や茨城県常総市の神達岳志市長は届け出た2人と一緒に記念撮影に応じる。和歌山市の尾花正啓市長は受け付け業務にあたり、オリジナルの記念品をプレゼントする。

 大阪府吹田市では常設の記念フォトスペースを「令和バージョン」に変更し、「おめでたい思い出の日を記録に残してほしい」としている。東京都町田市や長野県大町市はオリジナルの婚姻届を、三重県伊賀市や兵庫県多可町はオリジナルの受理票を用意する。新潟県三条市は当日限定で婚姻届の写しに「祝令和元年」の文字を入れ、職員がその場で撮った夫婦の写真も貼り付けてプレゼントする。福岡県柳川市は地元ブランド認定品の「あまおうジャム」、山口県萩市は幕末の思想家・吉田松陰が書いた「令」「和」の文字と、市のマスコットキャラクターをあしらった萩焼のコップを贈るなど、地元の名産品や記念品を贈る自治体も多い。

 婚姻届と合わせて出生届を受け付ける自治体もあり、対応する時間など詳細は各自治体へ問い合わせを。

【まとめ・デジタル編集部】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです