メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

新天皇陛下「国民と共に」思い継承 50カ国で親善深め 新たな公務模索

海外訪問中の前の天皇陛下に代わり、国事行為臨時代行の執務をされる新天皇陛下=皇居・宮殿で2017年3月3日、宮内庁提供

 新天皇、皇后両陛下が築かれる新しい皇室はどのような形になるのだろうか。前の天皇、皇后両陛下が国民と共にあろうとしてきた姿を近くで見続け、代替わりに向けた準備を進めてきたお二人の歩みを振り返った。

 「(天皇の)あるべき姿について全身全霊をもって模索をしてこられた」。即位前最後となった今年2月の記者会見で、新陛下は上皇となった前の陛下への思いをこう話した。

 新陛下は、幼いころから両親が公務に取り組む姿を目の当たりにしてきた。公務に初めて同行したのは、4歳…

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1186文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです