メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新天皇陛下「国民と共に」思い継承 50カ国で親善深め 新たな公務模索

海外訪問中の前の天皇陛下に代わり、国事行為臨時代行の執務をされる新天皇陛下=皇居・宮殿で2017年3月3日、宮内庁提供

 新天皇、皇后両陛下が築かれる新しい皇室はどのような形になるのだろうか。前の天皇、皇后両陛下が国民と共にあろうとしてきた姿を近くで見続け、代替わりに向けた準備を進めてきたお二人の歩みを振り返った。

 「(天皇の)あるべき姿について全身全霊をもって模索をしてこられた」。即位前最後となった今年2月の記者会見で、新陛下は上皇となった前の陛下への思いをこう話した。

 新陛下は、幼いころから両親が公務に取り組む姿を目の当たりにしてきた。公務に初めて同行したのは、4歳…

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1186文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです