メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新天皇、皇后両陛下 愛子さまと3人で日々重ね

愛子さまを背負い、湿原を歩かれる新天皇、皇后両陛下=栃木県・沼原湿原で2002年8月16日、武市公孝撮影

 「生まれてきてくれてありがとうという気持ちでいっぱいになりました」。結婚9年目の2001年12月に長女愛子さまが誕生し、新皇后さまは記者会見で涙ぐんだ。ご家族の歩みについて、新陛下は昨年6月の結婚25年にあわせた感想で「安らぎのある温かくて明るい家庭を築くことを心掛け、3人で日々を過ごしてまいりました…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  5. 17歳少女を無免許運転で逮捕 同乗者4人死傷 福岡県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです