メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人も10連休明けに“メンタル不調”の懸念 生活リズムが大事

社会人も連休明けの精神不調が懸念される(写真はイメージです)=iStock

 10連休明けの精神不調が懸念されるのは、子どもに限らず社会人も同じだ。メンタルヘルス事業大手の「アドバンテッジリスクマネジメント」(東京)が今月下旬、企業の労務担当者らに実施したインターネット調査によると、回答した約190社のうち12%が、従業員の心身を考えると「10連休はマイナスに働く」と回答。36%は健康管理など従来にはない社員向け連絡を連休前に出すとした。

 リフレッシュ効果など10連休を歓迎する企業は多かったが、マイナス面では、連休前後の業務過多▽連休明けの意欲低下▽内勤と外勤で休める日数が違う不公平感――などが挙がった。考えられている対策は、若手対象の個別面談やストレスチェック、連休明けの仕事量が不安な社員に途中の出社を認める措置など。「新人歓迎会をいい店での食事会にして、連休明けの週末にセットした」と答えた企業もあった。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 大阪市、ハトなどへの餌やり規制へ 10年前から一部住民が続け、ふん害発生

  3. 宝塚歌劇、雪組でも1人がコロナに感染 大阪で17日開幕の公演出演者

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです