メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人も10連休明けに“メンタル不調”の懸念 生活リズムが大事

社会人も連休明けの精神不調が懸念される(写真はイメージです)=iStock

 10連休明けの精神不調が懸念されるのは、子どもに限らず社会人も同じだ。メンタルヘルス事業大手の「アドバンテッジリスクマネジメント」(東京)が今月下旬、企業の労務担当者らに実施したインターネット調査によると、回答した約190社のうち12%が、従業員の心身を考えると「10連休はマイナスに働く」と回答。36%は健康管理など従来にはない社員向け連絡を連休前に出すとした。

 リフレッシュ効果など10連休を歓迎する企業は多かったが、マイナス面では、連休前後の業務過多▽連休明…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです