社会人も10連休明けに“メンタル不調”の懸念 生活リズムが大事

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
社会人も連休明けの精神不調が懸念される(写真はイメージです)=iStock
社会人も連休明けの精神不調が懸念される(写真はイメージです)=iStock

 10連休明けの精神不調が懸念されるのは、子どもに限らず社会人も同じだ。メンタルヘルス事業大手の「アドバンテッジリスクマネジメント」(東京)が今月下旬、企業の労務担当者らに実施したインターネット調査によると、回答した約190社のうち12%が、従業員の心身を考えると「10連休はマイナスに働く」と回答。36%は健康管理など従来にはない社員向け連絡を連休前に出すとした。

 リフレッシュ効果など10連休を歓迎する企業は多かったが、マイナス面では、連休前後の業務過多▽連休明けの意欲低下▽内勤と外勤で休める日数が違う不公平感――などが挙がった。考えられている対策は、若手対象の個別面談やストレスチェック、連休明けの仕事量が不安な社員に途中の出社を認める措置など。「新人歓迎会をいい店での食事会にして、連休明けの週末にセットした」と答えた企業もあった。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文537文字)

あわせて読みたい

注目の特集