メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「パワハラで自殺」 遺族が社長ら提訴 大阪地裁

提訴後の記者会見で、亡くなった美希さんについて話す母親の津島朋子さん=大阪市北区で2019年4月26日、梅田麻衣子撮影

 大阪府吹田市の薬局に勤めていた女性が2016年に自殺したのは、社長や上司らによるパワーハラスメントが原因だとして、遺族が26日、運営会社や社長らに計約8800万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。遺族側は「パワハラでうつ病を発症したのに、休ませるなど適切な対応を取らなかった」と訴えている。

 女性は同市の津島美希さん(当時30歳)。訴状によると、14年10月から調剤薬局で事務員として働き始めた。社員旅行の幹事を担当し、打ち合わせが午前0時を過ぎることも。旅行中には上司に大声で罵倒され、体の震えが止まらなくなった。

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. 阪神の浜地投手が新型コロナ陽性 19日の中日戦に1軍登板

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです