メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新天皇陛下、訪独時には英語を巧みに カップルと記念撮影も

神余隆博氏

元駐独大使・神余(しんよ)隆博さん(69)に聞く

 新しい天皇陛下がドイツを訪問したのは、東日本大震災(2011年3月)から約3カ月後で、国際親善とともに、日本が復興に向けて頑張っているというメッセージを伝えることも大きな目的でした。新陛下は行く先々でドイツからの支援に感謝の言葉を述べられ、日本は必ず復興するとの思いを伝えられました。

 メルケル首相との会談では、ドイツからの援助にお礼を述べられたほか、1990年に実現した東西ドイツの…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文716文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  3. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  4. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです