メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前の天皇、皇后両陛下 紡ぐ言葉、平和への思い(1) 後世に正しく伝える

85歳の誕生日を前に、記者会見をされる前の天皇陛下=皇居・宮殿「石橋の間」で2018年12月20日、代表撮影

 前の天皇、皇后両陛下は平成の時代、国内外のかつての戦地を巡られた。戦没者を悼み、平和を祈る慰霊の旅を続け、戦争の記憶を次世代へ受け継ぐ大切さを行動で示してきた。

 沖縄の慰霊の日(6月23日)、広島と長崎の原爆の日(8月6、9日)、終戦の日(8月15日)を「記憶しておかなくてはならない日」とし、毎年欠かさず祈りをささげる。平和を希求し続けるお二人が紡いだ言葉を振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1232文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです