メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前の天皇、皇后両陛下 紡ぐ言葉、平和への思い(2) 憎しみの本質理解を

慰霊のために訪問された米自治領サイパン島の砂浜で、元日本兵から話を聞く前の天皇、皇后両陛下=サイパン島で2005年6月、代表撮影

 「長い歴史を負って現代を生きる私ども一人一人は、今を平和に生きる努力とともに、過去が残したさまざまな憎しみの本質を理解し、これを暴力や戦争に至らしめぬ努力を重ねていかなければならないと思います(1995年、国際大学婦人連盟主催の国際会議開会式)」

 女性の地位向上や人権問題などを議論する国際会議が95年に横浜市で開かれ、前の皇后美智子さまは開会式に出席した。皇后単独の公務だった。

 あいさつは英語で、「平和への道のりの難(かた)さを、絶望や虚無感に至らせることなく、喜ぶべき進歩を…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです