メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

皇位継承「男系の歴史重い」 保守派の旧宮家復帰案

 保守派が主張する男系の継承を維持する方策が、旧宮家の血を引く男性を皇籍復帰させる案だ。敗戦後、連合国軍総司令部(GHQ)占領下だった1947年、明治天皇の直系男子ではない11の宮家が、皇族から離れた。保守派の根底には、現行憲法とともに11宮家の皇籍離脱もGHQから押しつけられたという意識がある。安倍晋三首相は3月18日の参院予算委員会で、皇位継承のあり方について「男系継承が古来例外なく維持されてきたことの重みなどを踏まえながら、慎重かつ丁寧に検討を行う必要がある」と述べている。

 ただし課題も多い。男系だけで継承するのが困難という点が、議論の出発点にある。例えば数人の男系男子孫…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  2. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

  3. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  4. WEB CARTOP 「パトカーの待ち伏せ時の駐禁は? 速度違反は?」など緊急車両の交通ルールとは

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです