メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

インテルがマンUの救世主に…? “条件付き”でサンチェスの獲得を狙う

情報提供:サッカーキング

インテルが獲得を狙うサンチェス(右)とバレンシア(左) [写真]=Getty Images
 インテルがマンチェスター・Uのチリ代表FWアレクシス・サンチェスの獲得に興味を示しているようだ。25日にイギリス紙『インディペンデント』が報じた。

 24日に行われた“マンチェスター・ダービー”では、83分からの途中出場ではあったものの、ボールタッチ数がわずか1回だったことが話題になるなど、昨年1月にアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンとのトレードでアーセナルから加入して以降、ネガティブなニュースが大半を占めるサンチェス。オーレ・グンナー・スールシャール監督による今夏のスカッドの刷新に向けた放出候補の筆頭としても名前が挙げられてしまっている。

 だが、同選手を放出しようにも、クラブ最高の50万ポンド(約7200万円)の週給がネックとなり、受け入れ先を探すのも一苦労と見られていた。

 そんな中、獲得に興味を示しているインテルは“赤い悪魔”の救世主となり得る存在になりそうだ。しかし、彼らもサンチェスの獲得に動く絶対条件として「大幅な減俸の受け入れ」を設定するという。

 また、インテルは同じくエクアドル代表DFアントニオ・バレンシアにも関心を見せており、今夏の移籍市場で両者の良好な関係が構築されることになるかもしれない。

【関連記事】
●アトレティコ、今夏でマンUと契約満了のマタをフリー移籍で獲得?
●マンUのルカク、イタリアでのプレーが夢だと明かす「遅かれ早かれ…」
●移籍先が見つからないベイル、マンUに約7億円でレンタル移籍か
●トッテナム、ローマで売り出し中の19歳MFの獲得に62億円を用意か
●CL4連覇を逃したC・ロナウド、バルサのレジェンドとの“共闘”を希望?

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです