メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 平成フィーバーは今

 平成時代の到来と共に注目を集め、令和への改元で再び訪れる人が増えている岐阜県関市(旧武儀(むぎ)町)下之保の平成(へなり)地区。「ようこそ平成の里へ」という看板が掛けられ、かつて土産物の販売コーナーとして利用された古びた倉庫が残る。中の壁には「平成きのこまんじゅう」「テレホンカード」などと書かれたままで、平成グッズを求める人でにぎわった当時を思い起こさせる。

 平成改元前には9世帯35人が暮らす、シイタケ栽培が盛んな山あいの静かな集落だった。しかし、元号「平…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文689文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 京アニ火災 「聲の形」「氷菓」岐阜県内の聖地でも悲しみ広がる
  5. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです