メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

ショーケン、追悼番組 輝く個性、深まる喪失感=ペリー荻野

 1978年の夏、高校生の私は、地元・名古屋のナゴヤ球場にいた。目的は沢田研二のコンサート。前年、「勝手にしやがれ」でレコード大賞を獲得したジュリーは絶好調。コンサートも超満員、大盛り上がりで終盤に差し掛かったとき、ものすごい歓声が上がった。ステージに飛び入りしたのはショーケン、萩原健一さんだった。

 萩原さんが亡くなってひと月がたつ。驚いたのは、急きょ放送されたNHK「クローズアップ現代」が、本人から、8年間撮りためたプライベート映像を託されていたことだった。2011年、結婚直後に希少がんが見つかったこと。再発の衝撃。病名を明かさず、ギリギリまで仕事を続けた日々。とても走れる体調ではなかったのに、昨年のNHKドラマ「不惑のスクラム」では、吹き替えを断り、自らグラウンドを走った。腹水でふくれたところを衣装のベルトで締めつけ、奥様に止められても言うことを聞かない。編集を急いだせいか、「クロ現」には珍しく、音声が出ないトラブルもあったが、画面に…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文1063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです