メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 汚染稲わら 石巻市、全量を処理 市長が焼却灰処分場視察 /宮城

 東京電力福島第1原発事故の影響で放射性物質に汚染された稲わらの処分で、石巻市は保管していた全量の処理を完了し、亀山紘市長が26日、焼却灰を埋め立てた同市河南地区の河南一般廃棄物最終処分場を視察した。亀山市長は「無事安定的に埋め立てられた。今後も市民に心配をかけないよう確認していく」と強調した。

 市によると、市内11戸の農家が保管していた、国の基準(1キロあたり8000ベクレル)以下の汚染稲わら約71…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 池袋ホテル殺人 容疑者、SNSで自殺志願者募る

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです