写真展

岩合さん「世界ネコ歩き2」 きょうから、横手 /秋田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 動物写真家、岩合光昭さんの写真展「世界ネコ歩き2」が27日から県立近代美術館(横手市赤坂)で始まる。「ネコの魅力をぜひ知ってほしい」と同美術館担当者は多くの来場を呼びかけている。

 岩合さんは、1950年東京生まれ。動物写真を撮る傍ら、身近なネコを40年以上撮り続けている。NHK・BSプレミアムで放映中の「岩合光昭の世界ネコ歩き」はネコ好きにはたまらない番組で人気を博している。

 同写真展では、世界60カ所以上から厳選したネコの写真170点を展示する。ビーチで腹ばいになって我が物顔で日光浴するブラジル・リオデジャネイロのネコや小説「赤毛のアン」で有名なカナダ・プリンスエドワード島の豊かな自然に抱かれて暮らすネコ、スペイン・マドリードの本屋の“看板娘ネコ”など、やさしいまなざしにあふれた作品が並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文532文字)

あわせて読みたい

注目の特集