メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放射性セシウム

笠間でも コシアブラから基準超 県が出荷自粛要請 /茨城

 県は26日、笠間市で採取された野生の山菜コシアブラから食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出され、市に出荷自粛を要請したと発表した。自粛要請は6自治体目となる。

 県林政課によると、採取した2検体のうち一つから120ベクレルを検出した。コシアブラについては現在、日立、常陸大宮、常陸太田の計…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  2. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  3. 東京オリンピックのモニュメント再設置 整備終え、5色のマーク到着 東京・お台場

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです