特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法を問う

国側は争う姿勢 原告側「謝罪し適正な賠償を」 地裁初弁論 /静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法下で不妊手術を強いられたとして、県内の聴覚障害者の女性が国に損害賠償を求めた訴訟で、国側は26日、静岡地裁(増田吉則裁判長)で開かれた第1回口頭弁論で争う姿勢を示した。原告側は閉廷後の集会で「救済法は成立したが、国はまず間違いを認めて謝罪し、その上で適正な賠償額を支払うべきだ」と指摘した。

 弁論に先立ち、県聴覚障害者協会の関係者と弁護団ら約60人が裁判所前で「国は謝罪と補償を」と書かれた横断幕を手に行進した。同協会の小倉健太郎・事務局長は「国が個人の尊厳を奪った法律。同じろう者として支えていく」と話した。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文609文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集