メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇治茶初市

夏も近づく 良質評価、昨年より高く 城陽 /京都

宇治茶の初市で香りや味を確かめる参加者=京都府城陽市寺田のJA全農京都茶市場で、鈴木健太郎撮影

 2019年産宇治茶の初市が26日、城陽市寺田のJA全農京都茶市場で開催された。65業者の110人が参加。今年は4月上旬に気温が下がり昨年より開催が4日遅くなった。初市の出品は煎茶(せんちゃ)のみで、1キロの平均単価は1万2473円と昨年より1000円以上高く、良質さが評価された。最高入札価格は和束…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文349文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです