メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川創先生の鯨塾

/1 世界、日本、山口の鯨 全86種、二つに分類 /山口

 7月から商業捕鯨が再開される今年、鯨への関心は例年以上に高まりそうだ。しかし鯨がどんな生き物で人とどう関わってきたかを詳しく知る人は少ないだろう。下関市田中町の下関鯨類研究室では毎月、一般向けに石川創室長による「鯨塾」が開かれている。調査捕鯨の経験や最新の研究を交え、テーマは生物学から社会学にまで及ぶ。ここでは講義の内容を要約し、報告する。【まとめ・佐藤緑平】

 初回のテーマは「世界の鯨、日本の鯨、山口県の鯨」。身近な海にも多くの鯨がいることを紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1319文字(全文1548文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです