メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平成遺産を歩く

/3 水環境館 紫川、生物観察の窓 「3メートル先の岩礁見せたい」 /福岡

 高さ2・3メートル、幅7・2メートルの巨大なアクリル窓に寄ってきたスズキを眺める人や、新設されたゲーム「河川工事シミュレーション」に興じる子供たちで14日午後の水環境館(小倉北区)はにぎわっていた。

 2000(平成12)年7月、紫川そばにオープンした施設。昭和時代の1988年、全国で初めて指定を受けたマイタウン・マイリバー整備事業の一つとして、約10億円かけ設置された。もともとあった建物の地下部分などを利用した珍しい「箱形護岸」、つまり紫川の一つの護岸でもあるという。

 川に潜った感覚で生物を観察できる窓などが人気を呼び、初年度は27万人が訪れたが、01年度は約6万5…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文906文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです