メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ

@東京・中央区 平成残り4日 試される「移民」理解

技能試験を終え、会場を出るネパール人のベガ・ロスナさん=東京都中央区で2019年4月26日、手塚耕一郎撮影

 26日午後1時半ごろ、東京都中央区京橋のビルに外国人が続々と入っていった。4月に新設の外国人労働者向けの在留資格「特定技能1号」の外食業の技能試験を受ける若者たちだ。

 居酒屋「はなの舞」などを展開するチムニー(本社・東京)への入社を目指すネパール人のベガ・ロスナさん(26)は、会場前で同社の中国人社員、金美香さん(36)から受験票を受け取った。合格すれば正社員として最低5年間働ける。

 4年前に来日し日本語学校と専門学校に通った。アルバイトを通じて接客業への興味が膨らんだ。「お客さんとの交流が楽しい。長く働きたい」。金さんは「後輩を育てる人材になってほしい」と期待を込める。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです