メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

科学者としての陛下=青野由利

 天皇陛下はハゼの分類を専門とする研究者でもある。1963年以来、ハゼに関係する学術論文の発表は30報を超える。

 今月も、「魚類学雑誌」オンライン版に共著論文が公表されていた。京都御苑の仙洞御所の池に生息するハゼの仲間をDNA分析した結果、琵琶湖に固有の「ビワヨシノボリ」が京都盆地北東部の「シマヒレヨシノボリ」と交雑した雑種と判明した、という内容。明治時代に行われた琵琶湖からの導水事業の結果ではないか、という考察が興味深い。

 詳しいのは魚類だけではない。それは大阪大の生物学者、近藤滋さんが以前に書いたブログ「陛下に一本取ら…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです