メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
スリランカ連続爆破テロ

「首謀者」地元住民と対立 異なる意見に激高

ハシム容疑者が幼少期を過ごした民家。テロ事件が起こる数日前まで両親が住んでいた=スリランカ東部カッタンクディで2019年4月25日、松井聡撮影

 【カッタンクディ(スリランカ東部)で松井聡】スリランカで起きた連続爆破テロ事件の首謀者とみられる宗教家のザフラン・ハシム(ハシュミ)容疑者は、地元の東部カッタンクディで保守的な思想を主張し、住民と度々対立していた。だが、2年前、イスラム教他宗派の信者らとの衝突をきっかけに突然姿を消しており、その後に水面下で過激派組織「イスラム国」(IS)との連携やテロの準備を進めた可能性がある。

 カッタンクディは、人口5万人弱の小さな街。テロ現場の一つとなった東部バティカロアの教会からは約5キ…

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1152文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  3. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです