メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

平成の31年 平和と共に

パレードに出発される皇太子さまと雅子さま=皇居の東庭で 1993年6月9日

 天皇陛下が即位された翌日の1989年1月8日に始まった平成の時代が幕を閉じようとしている。結婚や子どもの誕生、訃報など皇室の出来事を振り返った。【稲垣衆史】

 平成が始まって間もなく、皇室は慶事が相次いだ。90年6月、秋篠宮さまが大学時代から交際していた紀子さまと結婚。紀子さまは、学習院大学教授(当時)の父川嶋辰彦さんら家族と教職員住宅に暮らしていたことから、「3LDKのプリンセス」と話題になった。91年10月に天皇、皇后両陛下の初孫となる長女眞子さまが誕生し、94年12月には次女佳子さまが生まれた。

 93年6月、皇太子さまは雅子さまと結婚した。皇太子さまが6年あまりも思いを寄せ続けてきた末のゴールインで、東京都内であった結婚パレードで約19万人の祝福に包まれた。2001年12月に長女愛子さまが誕生し、雅子さまは翌年4月の記者会見で「本当に生まれてきてありがとうという気持ちでいっぱいになりました」と涙ぐんだ。

この記事は有料記事です。

残り4042文字(全文4452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・勝山市長選 水上氏が初当選

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. 岐阜・羽島市長選 松井氏が3選

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです