メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

両陛下とわたし/8止 「責任感」持ち公害直視 水俣病資料館語り部の会会長・緒方正実さん(61)

 天皇、皇后両陛下が2013年10月の「全国豊かな海づくり大会」で熊本県水俣市を初めて訪問された時にお会いしました。水俣病患者である私の講話を、じっと目を見て聞いてくださった。患者の人生をしっかり聞きたいというお気持ちを感じました。30分という短時間でしたが、思いは伝わったと胸がいっぱいになりました。

 「取り返しのつかないことをしたらどうしよう」と緊張していたのに、お会いするとすぐにほぐれてしまう。…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文711文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです