メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

ベランダの草花 大きめの鉢、庭に見立て

高さのあるプランターで日照を確保し、上からはバスケットをつるして空間に広がりを演出した施工例=戸倉さんが監修した「小さな庭のつくり方」(永岡書店)から

 <くらしナビ ライフスタイル>

 窓を開け放すと風が心地よい季節。ベランダに好みの草花を集め、眺めて過ごす休日もいい。狭い場所で、初心者でも作れる「小さな庭」のコツを聞いた。

 ベランダは、柵で日照や風通しが遮られたり、高層階は強風にさらされたりと場所によって環境の制約が大きい。ガーデニング施工会社「グレイス オブ ガーデン」(埼玉県川口市)の代表、戸倉多未子さんは、狭い場所でも大きめの鉢を選ぶよう勧める。深さ、直径とも30センチ以上が望ましい。

 鉢を一つの庭に見立て、ハーブや果菜類などと一緒に観賞用の品種も植えると、見た目もよく手入れも楽だと…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1096文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 山頂に沈む満月 令和初の「パール槍ケ岳」
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです