メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

ミュージシャン・宇崎竜童さん 一日中聴き入ったプレスリー

=尾籠章裕撮影

 「まだ曲が足りないんだ。7月から始まるツアーまでには間に合わせないとね」。肌寒さの残る3月下旬、東京都内にある事務所兼“作業部屋”。おなじみのリーゼントヘアで、ミュージシャンの宇崎竜童さん(73)は現れた。数十本のギターにキーボードや録音機材が並ぶこの部屋でいつもデモテープを作る。ニューアルバムのレコーディングを翌月に控えて締め切りが迫っていたが、なぜかうれしそうな笑みがこぼれた。

 部屋の壁に飾られているエルビス・プレスリーは音楽に目覚めるきっかけを作った一人。実家は米軍の将校住宅「ワシントンハイツ」(現在の代々木公園など、東京都渋谷区)のそばにあった。家では駐留米軍のラジオ放送FENが流れ、年の離れた姉たちが夢中だったのがエルビスだ。「それまで聴いていた音楽と全てが違って新しく、一日中聴き入った」と、小学3年の頃に初めて「ハートブレイク・ホテル」を聴いたときのことは今も忘…

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです