メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利
体操

全日本選手権 内村、予選落ち 両肩痛め満身創痍

体操男子個人総合予選で平行棒の演技中、表情をゆがめる内村航平=高崎アリーナで2019年4月26日、宮間俊樹撮影

 体操の世界選手権(10月、ドイツ・シュツットガルト)代表選考会を兼ねた全日本選手権は26日、群馬・高崎アリーナで開幕して男女個人総合の予選が行われた。

 男子で五輪2連覇の内村航平(リンガーハット)は6種目合計80・232点の37位で上位30人による28日の決勝に進めず、2005年大会以来の予選落ちとなった。

 前回大会で史上最年少優勝を果たした20歳の谷川翔(順大)が合計85・566点でトップ。2位は84・…

この記事は有料記事です。

残り1280文字(全文1485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです