社会人野球

JABA京都大会 日本製鉄広畑、初戦逆転勝ち

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 26日、わかさスタジアム京都などで開幕し、第1日はリーグ戦6試合を行った。

 A組はNTT東日本が昨年の都市対抗を制した大阪ガスに快勝し、日本製鉄広畑はJR東海に逆転勝ちした。

フォーム改造奏功

 ○…日本製鉄広畑は4点差をはね返した。

2点を追う七回、3長短打を集めて追いつき、2死満塁から7番・飯田が勝ち越しの適時打。2番手左腕・喜久川に対して「積極的にいく」と、初球の低めのチェンジアップを左前に引っ張った。昨秋の日本選手権では3試合で1安打に終わったが、冬場に軸足に体重を残す打撃フォームに改造し緩い球を待てるようになった。「好機で練習の成果を出せた」と胸をなで下ろしていた。

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文883文字)

あわせて読みたい