メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業保育所

事業撤退続出 安易な参入促進のツケ

 国の助成決定を受けた施設の約1割が事業を取りやめていたことが判明した企業主導型保育所は、待機児童対策の切り札として2016年度に制度化された。保育の受け皿が不足する中、整備を急ぎたい政府側と保育業界に迅速に参入したい企業側の思惑が合致し、事業取りやめの続出という「ツケ」になって表れた形だ。

 働く女性の増加や都市部への人口集中に対応が追いつかず、待機児童は大きな社会問題になっている。

 企業主導型保育所は、企業負担の拠出金を財源に、主に従業員向けに設けられる。開設や運営基準は認可保育…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文545文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです