メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業保育所

事業撤退続出 安易な参入促進のツケ

 国の助成決定を受けた施設の約1割が事業を取りやめていたことが判明した企業主導型保育所は、待機児童対策の切り札として2016年度に制度化された。保育の受け皿が不足する中、整備を急ぎたい政府側と保育業界に迅速に参入したい企業側の思惑が合致し、事業取りやめの続出という「ツケ」になって表れた形だ。

 働く女性の増加や都市部への人口集中に対応が追いつかず、待機児童は大きな社会問題になっている。

 企業主導型保育所は、企業負担の拠出金を財源に、主に従業員向けに設けられる。開設や運営基準は認可保育…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. ORICON NEWS 日本マクドナルド、史上初の『ごはんバーガー』3種誕生 人気メニューを“ごはん”でサンド

  3. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  4. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです