メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハゼ通じ、陛下と交流40年 上海の元大学教授「退位後も研究を語り合いたい」

ハゼの専門書を見ながら天皇陛下との交流を振り返る上海海洋大学元教授の伍漢霖さん=上海海洋大で2019年3月1日、工藤哲撮影

 【上海・工藤哲】ハゼの分類の研究で知られる天皇陛下が退位されるのを前に、40年来の交流を続けてきた魚類研究者で上海海洋大学元教授の伍漢霖(ご・かんりん)さん(85)が毎日新聞のインタビューに応じた。皇居などで陛下と10回以上懇談してきた伍さんは「陛下の研究から長年学んできた。これからも交流を続けることができれば」と願う。

 交流のきっかけは1979年。伍さんが福建省の魚類を研究していたところ、見たことのないハゼに遭遇した…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特攻兵器「回天」の記憶を、父の遺志受け米国で語り継ぐ マイケル・メアさん追悼式参列

  2. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  3. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです