メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犬猫マイクロチップ義務化へ 飼育放棄防止へ、ブリーダーらに義務付け

マイクロチップを埋め込まれる猫=福岡市東区の市東部動物愛護管理センターで、森園道子撮影

 捨て犬や捨て猫を防ぐため、自民党のどうぶつ愛護議員連盟(会長・鴨下一郎元環境相)は、個体識別用のマイクロチップの装着を犬や猫の販売業者などに義務付けることを柱とする動物愛護管理法改正案の骨子案をまとめた。野党を含む超党派の議員連盟と協議し、今国会での議員立法に向けて調整に入る方針だ。

 骨子案によると、マイクロチップの装着を義務付ける対象は、販売目的で犬猫を繁殖する「ブリーダー」などを想定。一般の飼い主から譲り受けたり、既に飼育していたりする場合は努力義務とした。

 マイクロチップは数字15桁の固有識別番号を記録した集積回路(IC)を収めたガラス製カプセル(直径約…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文803文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです