メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2、研究者「大成功」「人生最高の日」と喜びの声 狙い通りの人工クレーター(記者説明会詳報)

探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに作ったクレーターが確認され、テレビ会議システムで状況を説明する津田雄一・プロジェクトマネジャー(左端)ら=東京都千代田区で2019年4月25日、永山悦子撮影

 探査機「はやぶさ2」の旅の最大の見せ場、衝突装置を使って小惑星に人工クレーターを作る実験で、想定を超える大きなクレーターができていることが確認された。それも計画で狙った場所に非常に近く、もともとあった石が移動したり、埋まっていた石があらわになっていたりするほどの迫力だった。衝突装置を使って小惑星の狙った場所にクレーターを作り、そのクレーターを再度観測するという世界初めての実験は、完全な成功を収めた。25日の記者説明会では、研究者から「大成功」「人生最高の日」と喜びの声が相次いだ。

 クレーターは直径10メートル程度の大きさになったとみられ、周辺の地形が影響を受けた領域も最大で幅20メートルにわたっているという。はやぶさ2は今後、クレーター周辺の上空から観測を実施し、詳細な地図を作ったうえで、今年2月に続く2度目の着陸に挑むかどうかを判断する。1回目の着陸では、小惑星リュウグウの表面が岩だらけで広い平地がなかったため、半径3メートルという極めて狭い領域へ降りることを余儀なくされたが、クレーターの場合は、同じくらいの広さがあったとしても傾斜が大きければさらに難易度が上がる。津田雄一・プロジェクトマネジャーは「クレーターに更地のような部分も見えるが、きちんと調べると実はデコボコかもしれない。きちんとステップを踏んでいきたい」と話した。

 クレーター確認を発表した25日の記者説明会の詳報は次の通り。(2回目からは敬称略)【永山悦子】

7年間、この日を待ちわびていた

 津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー 本日、クレーターを探索する運用を実施し、リュウグウの高度1・7キロまで降下し、はやぶさ2が生成したクレーターが見つけ出すことができたのでご報告したい。

 25日午前11時16分に高度1・7キロに到達し、衝突を狙った地点の周辺半径200メートルの領域を観測した。その結果、事前(今年3月22日)に撮影した画像と比べ、明らかに地形が変わっている場所があることが分かった。10メートルくらいの領域にわたって地形が明らかに変わっており、ここはまさに衝突装置が狙った地点になる。

はやぶさ2が高度約1.7キロから撮影したリュウグウの表面。中央付近にくぼみができて暗くなっている=JAXA、東京大など提供

 この変化した地形のどこに衝突体がぶつかって、このような地形変化が起きたかはまだ断定できないが、狙った中心から十数メートルのところに当たった。衝突装置の運用は、精度良く、狙うべきところにクレーターができたと考えられる。今回の降下開始前、高度20キロから撮影した画像でも、衝突実験後に暗い色に変わった部分(横幅約40メートル)があることが確認された。今後はデータを詳細に解析し、改めて考察結果をお示ししたい。

 ――人工クレーターの生成に成功したということで良いか。

 津田 成功した。よく米航空宇宙局(NASA)の彗星(すいせい)探査機「ディープ・インパクト」(テンペル第1彗星に重さ370キロの衝突体をぶつけ、物質が飛び散る様子を探査機や地球から観測した)と比較されるが、はやぶさ2の衝突体は重さ2キロとディープ・インパクトよりは小さいが、狙った位置に精密に当て、さらにできたクレーターを事後に詳細に観測するという世界初の試みだ。衝突体がリュウグウへぶつかったことが確認できた段階(5日)で成功宣言はしていたが、今回このような明らかなクレーターを作れたので、我々としては「大成功」だと考えている。

 ――クレーターの画像を見て、どう思ったか。

 荒川政彦・神戸大教授 私は衝突装置と、衝突の様子を撮影する分離カメラの開発を科学的な側面から担当したが、7年間、この日を待ちわびていた。5日に小惑星から物質が噴出する様子を見たときも感動したが、そのときの想像以上にはっきりくっきりとこのような立派な穴を確認できて、人生最高の日だと思っている。

 吉川真・はやぶさ2ミッションマネジャー はやぶさ2を最初に提案したときから、衝突装置の構想があり、「本当にこのような挑戦がうまくいくのだろうか」と思っていたが、今日の結果は大成功で、まだまだこれから科学的な面白い成果が出てくることになる。これからどのようなことが分かるか非常に楽しみだ。

 久保田孝・宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所研究総主幹 一目瞭然の結果だった。はやぶさ2がリュウグウに足跡を残し、中の物質を見られるようにしたのは、大きな扉を開けたことになる。

探査機「はやぶさ2」が撮影したクレーターの画像が写るモニターに集まったプロジェクトメンバー。左から2人目が津田雄一・プロジェクトマネジャー=相模原市中央区で2019年4月25日、宇宙航空研究開発機構提供

 津田 まさに小惑星リュウグウに足跡を残せたことは、深宇宙探査として初の試みであり、跳び上がるくらいうれしい。プロジェクトのメンバー全員が衝突実験の運用が非常に挑戦的で、世界初の試みだと自覚しており、明らかにクレーターができている画像は、チームにとって大変な一日になった。

 ――クレーターへの着陸はできそうか。

 津田 皆さん、そこに興味がありますよね。私たちも、チームの中でそういう話を始めている。今日はすぐどうするかは言えないが、皆さんはどう思われますか?(会場から笑い)

 この画像を見て、衝突によってデコボコさがさらに際だった部分と、サラサラの更地になったように見える部分がある。この更地になったようなところを狙えるかということを議論していきたいとは思うが、まずは着陸を決行するかどうかという判断の前に、地形そのものを詳細に調べたい。

 着陸は、はやぶさ2の安全が確保できる場所でなければならない。私たちは1回目の着陸のときから何回も痛い目にあっていて、大丈夫そうかと思った場所も、きちんと詳細に調べるとサラサラではなくデコボコということがあった。だから、きちんと調べてステップを踏んで進めていきたい。太陽と小惑星の位置から、6月末以降になると温度が上昇して着陸ができなくなる。だから、この1~2カ月で方針を決めたい。

 ――この画像から科学的に言えることはあるか。

 荒川 先ほどここに到着したばかりで、画像も見たばかりだが、クレーターと思われる地形が変化した領域が10メートルはあると思う。これは私たちが事前に実験を繰り返して予測していた中では最大級のサイズになる。実験で、一番流動化しやすく、これ以上クレーターができやすい天体はないだろうと考えていたケースで直径10メートル程度だった。リュウグウはこれだけ岩塊が多いにもかかわらず、これだけ大きなクレーターができたのは、私たちが知らない科学的なメカニズムやリュウグウの物質の特徴があるのではないかと、非常に興味をそそられている。

探査機「はやぶさ2」の衝突実験でクレーターができたことが確認され、拍手する津田雄一・プロジェクトマネジャー(左)らプロジェクトメンバー=相模原市中央区で2019年4月25日午後3時半ごろ、宇宙航空研究開発機構提供

 ――どのような地形変化が確認されるか。

 津田 明らかにへこんでいる。それだけではなく、いくつかの岩が移動しているように見えるし、もともと埋まっていた岩の周りがはげて、あらわになっているようにも見える。

 ――高度20キロで見えた暗い色に変わった部分は、どのような状態になっていると考えられるのか。

 荒川 今は個人的な推測だが、クレーターができるときの放出物は、多くは宇宙空間へまき散らされるが、これだけ大きなクレーターができるということは、遅いスピードで放出する物質も発生する。そのような放出物が再びリュウグウの重力に引っ張られ、クレーターの周辺に再堆積(たいせき)した可能性が考えられる。

 津田 この領域も着陸候補になりうる。必ずしもクレーターの真上に降りる必要はなく、小惑星の地下の噴出物を採取することが目標なので、クレーター内部だけではなく、もう少し広い範囲から候補地点を探すことになる。

 ――これだけ早くクレーターを確認できた要因は。

 津田 当然ながら、プロジェクトメンバーが早く見たいと考えていた。努力したこととしては、降下運用を非常にスムーズに進めることができ、運用後に姿勢を安定させてデータを送信する作業を早く実施することができた。また、データを受信する局(スペインのマドリード局)の状況が良く、通信速度を速められた。

 画像を見ることができるモニターは普段人があまりいない奥まった場所にあるが、このときばかりは人が集まって、芋の子を洗うような状況だった。皆が見守る中、画像の処理を実施し、そして明らかにくぼんだ画像が現れたときは、「オー」という歓声が上がり、拍手も起きた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです