特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2、研究者「大成功」「人生最高の日」と喜びの声 狙い通りの人工クレーター(記者説明会詳報)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに作ったクレーターが確認され、テレビ会議システムで状況を説明する津田雄一・プロジェクトマネジャー(左端)ら=東京都千代田区で2019年4月25日、永山悦子撮影
探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに作ったクレーターが確認され、テレビ会議システムで状況を説明する津田雄一・プロジェクトマネジャー(左端)ら=東京都千代田区で2019年4月25日、永山悦子撮影

 探査機「はやぶさ2」の旅の最大の見せ場、衝突装置を使って小惑星に人工クレーターを作る実験で、想定を超える大きなクレーターができていることが確認された。それも計画で狙った場所に非常に近く、もともとあった石が移動したり、埋まっていた石があらわになっていたりするほどの迫力だった。衝突装置を使って小惑星の狙った場所にクレーターを作り、そのクレーターを再度観測するという世界初めての実験は、完全な成功を収めた。25日の記者説明会では、研究者から「大成功」「人生最高の日」と喜びの声が相次いだ。

 クレーターは直径10メートル程度の大きさになったとみられ、周辺の地形が影響を受けた領域も最大で幅20メートルにわたっているという。はやぶさ2は今後、クレーター周辺の上空から観測を実施し、詳細な地図を作ったうえで、今年2月に続く2度目の着陸に挑むかどうかを判断する。1回目の着陸では、小惑星リュウグウの表面が岩だらけで広い平地がなかったため、半径3メートルという極めて狭い領域へ降りることを余儀なくさ…

この記事は有料記事です。

残り2884文字(全文3327文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集