メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

60歳以上が2割 神戸市営バスで進む運転手の高齢化 採算悪化で採用抑制

神戸市営バスが歩行者を多数はね、騒然とするJR三ノ宮駅前=神戸市中央区で2019年4月21日午後2時47分、本社ヘリから加古信志撮影

 神戸市中央区のJR三ノ宮駅前で男女2人が死亡、6人が重軽傷を負った市営バスの事故は、28日で発生から1週間となる。

 事故車両を運転していた大野二巳雄(ふみお)容疑者=自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で逮捕・送検=は64歳だが、神戸市営バス全体では運転手の高齢化が進む。今月19日現在で市が雇用する267人のうち、60歳以上が約19%。国土交通省によると、60歳以上のバス運転手の全国統計はないという。ただ、京都市交通局では運転手約800人のうち60歳以上は約4%だ。

 神戸市交通局によると、2005年ごろに利用者減で採算が悪化。人件費削減で新規採用を抑制したため高齢…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文620文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです