10連休もフル稼働 訪問介護のニーズは不変 ヘルパー奔走普段通り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
利用者の中村豊さんの介護をするヘルパーの荒木美奈子さん(右)=福岡市博多区で2019年4月27日、森園道子撮影
利用者の中村豊さんの介護をするヘルパーの荒木美奈子さん(右)=福岡市博多区で2019年4月27日、森園道子撮影

 10連休が始まっても障害者や高齢者の訪問介護のニーズは変わらず、利用者の日常を守るために奔走するヘルパーの姿もあった。

 27日午後、福岡市博多区のマンションの一室で、ヘルパーの荒木美奈子さん(52)は、リフトで中村豊さん(67)を電動車椅子からベッドへ移動させた。洗濯物を取り入れ、飲み物の準備を手際良く進める。そこには荒木さんが訪問介護で利用者とふれ合う変わらない日常があった。

 荒木さんが所属する訪問介護ステーション「ケア21福岡」(博多区)では現在、約150人の障害者や高齢者が訪問介護を利用しており、10連休中もヘルパー24人がシフト制でフル稼働している。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文621文字)

あわせて読みたい

注目の特集