メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10連休もフル稼働 訪問介護のニーズは不変 ヘルパー奔走普段通り

利用者の中村豊さんの介護をするヘルパーの荒木美奈子さん(右)=福岡市博多区で2019年4月27日、森園道子撮影

 10連休が始まっても障害者や高齢者の訪問介護のニーズは変わらず、利用者の日常を守るために奔走するヘルパーの姿もあった。

 27日午後、福岡市博多区のマンションの一室で、ヘルパーの荒木美奈子さん(52)は、リフトで中村豊さん(67)を電動車椅子からベッドへ移動させた。洗濯物を取り入れ、飲み物の準備を手際良く進める。そこには荒木さんが訪問介護で利用者とふれ合う変わらない日常があった。

 荒木さんが所属する訪問介護ステーション「ケア21福岡」(博多区)では現在、約150人の障害者や高齢者が訪問介護を利用しており、10連休中もヘルパー24人がシフト制でフル稼働している。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 社説 「桜」前夜祭の費用補塡 安倍氏の責任は免れない

  5. 雇用調整助成金 特例措置2月末まで延長 政府方針 感染拡大受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです