メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2、成果紹介の講演会にファン1200人 子どもら熱心に質問「3はある?」

探査機「はやぶさ2」のこれまでの成果を解説する津田雄一・プロジェクトマネジャー=相模原市南区で2019年4月27日、永山悦子撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、小惑星リュウグウの探査を順調に続ける探査機「はやぶさ2」の成果などを紹介する講演会を、相模原市南区の相模女子大グリーンホールで開いた。はやぶさ2の数々の活躍を受けて、会場は約1200人のファンで満席となり、津田雄一・プロジェクトマネジャーと、初代はやぶさのプロジェクトマネジャーを務めた川口淳一郎・JAXA特任教授の話に耳を傾けた。

 はやぶさ2は今年2月にリュウグウへの着陸に成功し、同4月の衝突実験ではっきりとした人工クレーターが…

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1339文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです