特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2、成果紹介の講演会にファン1200人 子どもら熱心に質問「3はある?」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
探査機「はやぶさ2」のこれまでの成果を解説する津田雄一・プロジェクトマネジャー=相模原市南区で2019年4月27日、永山悦子撮影
探査機「はやぶさ2」のこれまでの成果を解説する津田雄一・プロジェクトマネジャー=相模原市南区で2019年4月27日、永山悦子撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、小惑星リュウグウの探査を順調に続ける探査機「はやぶさ2」の成果などを紹介する講演会を、相模原市南区の相模女子大グリーンホールで開いた。はやぶさ2の数々の活躍を受けて、会場は約1200人のファンで満席となり、津田雄一・プロジェクトマネジャーと、初代はやぶさのプロジェクトマネジャーを務めた川口淳一郎・JAXA特任教授の話に耳を傾けた。

 はやぶさ2は今年2月にリュウグウへの着陸に成功し、同4月の衝突実験ではっきりとした人工クレーターができたことが確認されたばかり。津田さんは「今日はたくさんご報告したいことがある」と切り出し、リュウグウを目指した理由、リュウグウの姿が想像と違って戸惑ったことなどを紹介。リュウグウ表面が岩だらけだったため、着陸地点を探すのに苦労したことは、「きばをむくリュウグウ」とタイトルを付けたスライドを使いなが…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1339文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集