メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悠仁さま机の刃物は果物ナイフ 棒の先にテープで固定、刃はピンク色に塗装

お茶の水女子大付属中学校=東京都文京区で2019年4月27日午後1時14分、本社ヘリから宮本明登撮影

 お茶の水女子大付属中学校(東京都文京区)で26日正午ごろ、秋篠宮家の長男悠仁さまの教室の机に刃物2本が置かれているのが見つかった。捜査関係者への取材で判明した。同じ時間帯に、作業員風の男が工事関係者を名乗って同校を訪問しており、警視庁はこの男が関与したとみて建造物侵入容疑で行方を追っている。

 捜査関係者によると、2本の刃物は長さ約60センチの棒の先にテープで固定されていた。果物ナイフとみられ、刃はピンクに塗られていたという。学校関係者が正午ごろに見つけたが、当時は教室の外で授業が行われており、生徒はいなかった。同校は同日夕になって警察に届け出た。

 教室の机には生徒の名前を書いたテープが貼ってあった。また付近の防犯カメラには、関与したとみられる男が映っていた。男はヘルメットをかぶり青色の服を着ていた。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです