メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポルタージュ

異国で孤立し命を絶ったネパール人留学生 借金、人間関係…「この人生は重たい」

ラビン・ゲモスさんとジョギングした道に立つ友人のルケス・ゴサインさん=東京都福生市で2019年4月13日、渡部直樹撮影

 「お母さん、この人生はとても重たいです」。東京都福生市で5年前、フェイスブックにこんな書き込みを残した26歳のネパール人留学生が命を絶った。自室の壁には知人らからの借金を記したメモや保険料の納付書がピンで張られ、人間関係の悩みをつづったノートもあった。「間違いなく私が救えた命だったんです」。同郷の親友だったルケス・ゴサインさん(33)はそれ以来、ずっと彼のことを考えている。

 2014年5月、福生市の林の中でラビン・ゲモスさんの遺体が見つかった。昼間でも人通りが少なく、通行人が気づいたのは2日後だった。銀行口座には数万円しか残されていなかったが、部屋のメモには知人たちの名前を挙げて「借金は預金から返済してほしい」と書かれていた。自分が死んで仲間にかける迷惑を少しでも減らしたかったのだろう。

この記事は有料記事です。

残り3194文字(全文3543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです