メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポルタージュ

異国で孤立し命を絶ったネパール人留学生 借金、人間関係…「この人生は重たい」

ラビン・ゲモスさんとジョギングした道に立つ友人のルケス・ゴサインさん=東京都福生市で2019年4月13日、渡部直樹撮影

 「お母さん、この人生はとても重たいです」。東京都福生市で5年前、フェイスブックにこんな書き込みを残した26歳のネパール人留学生が命を絶った。自室の壁には知人らからの借金を記したメモや保険料の納付書がピンで張られ、人間関係の悩みをつづったノートもあった。「間違いなく私が救えた命だったんです」。同郷の親友だったルケス・ゴサインさん(33)はそれ以来、ずっと彼のことを考えている。

 2014年5月、福生市の林の中でラビン・ゲモスさんの遺体が見つかった。昼間でも人通りが少なく、通行…

この記事は有料記事です。

残り3304文字(全文3543文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです