メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポルタージュ

異国で孤立し命を絶ったネパール人留学生 借金、人間関係…「この人生は重たい」

ラビン・ゲモスさんとジョギングした道に立つ友人のルケス・ゴサインさん=東京都福生市で2019年4月13日、渡部直樹撮影

 「お母さん、この人生はとても重たいです」。東京都福生市で5年前、フェイスブックにこんな書き込みを残した26歳のネパール人留学生が命を絶った。自室の壁には知人らからの借金を記したメモや保険料の納付書がピンで張られ、人間関係の悩みをつづったノートもあった。「間違いなく私が救えた命だったんです」。同郷の親友だったルケス・ゴサインさん(33)はそれ以来、ずっと彼のことを考えている。

 2014年5月、福生市の林の中でラビン・ゲモスさんの遺体が見つかった。昼間でも人通りが少なく、通行…

この記事は有料記事です。

残り3304文字(全文3543文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  4. 東京・新橋で5台絡む事故 子ども乗せた観光バスも
  5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです