メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

政治 無投票増、統一地方選 ふるさとを守りたい

[PR]

与良正男よらまさお 毎日新聞まいにちしんぶん 専門編集委員せんもんへんしゅういいん

 4ねんに1統一地方選挙とういつちほうせんきょわりました。みなさんのなかにも投票とうひょうびかける候補者こうほしゃかけたひとおおかったことでしょう。

     その一方いっぽうで、選挙せんきょ立候補者りっこうほしゃかず定数ていすう上回うわまわらず、有権者ゆうけんしゃ投票とうひょうなしで当選者とうせんしゃまるところが今回こんかい、ますますえました。ニュースでは、これを無投票当選むとうひょうとうせんんでいます。これは、とても深刻しんこく問題もんだいです。

     無投票当選むとうひょうとうせんえるのは、市町しちょう村長そんちょう議員ぎいんになりたいというひとっているということだとおもいます。

     地方ちほうでは人口じんこう大幅おおはばっている市町村しちょうそんがほとんどです。このままでは自治体じちたい運営うんえいできなくなってしまうのでは、という不安ふあんつよまっています。

     だからこそ、自分じぶんたちのふるさとをどうまもっていくかをかんがえ、実行じっこうしていくにな必要ひつようです。でもそれを目指めざひとすくなくなっているのです。

     とく町長ちょうちょう村長そんちょう選挙せんきょでは、121のうち55町村ちょうそん無投票むとうひょう半分はんぶんちかくにおよびました。まちむら議会議員選挙ぎかいぎいんせんきょでは93町村ちょうそん無投票むとうひょう選挙せんきょずに当選とうせんしたひとは、議員ぎいん全体ぜんたいの23%をめました。

     無投票むとうひょうどころか、議員ぎいん候補者こうほしゃすう定数ていすうとどかず、欠員けついんしょうじてしまった町村ちょうそんも8あって、4ねんまえ前回ぜんかいから倍増ばいぞうしました。

     人口減少じんこうげんしょうおおきな問題もんだいです。ひとれば、あつめる税金ぜいきんります。それでわたしたちが毎日まいにち使つか水道すいどう事業じぎょうはやっていけるのか。小学校しょうがっこう運営うんえいできるのか。大人おとなだけでなく、みなさんにとって大変たいへん身近みぢかはなしなのです。

     選挙せんきょ候補こうほしゃだけでなく、住民じゅうみんがそれぞれのまち将来しょうらいかんがえる機会きかいでもあるとおもいます。無投票むとうひょう選挙戦せんきょせんおこなわれなければ、その機会きかいうしなわれてしまいます。

     地方ちほう場合ばあいは、議会ぎかいよるひらいて、ほか仕事しごとっていても議員ぎいん活動かつどうができるようにする--といったいろいろな工夫くふう必要ひつようだとおもいます。


     政治部せいじぶデスクなどをて2004ねんから論説委員ろんせついいん早稲田大学大学院客員教授わせだだいがくだいがくいんきゃくいんきょうじゅつとめた。TBSテレビ・ラジオや大阪おおさかMBSテレビの報道番組ほうどうばんぐみなどでコメンテーター。1957年生ねんうまれ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

    2. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

    3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

    4. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

    5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです