メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麗しの島から

台湾総統選 もつれる与党の公認選び 蔡氏と頼氏が一騎打ち

総統選に向けた与党内の予備選を見据え、メディアへの露出を増やしている蔡英文総統=台北市の総統府で2019年4月9日11時27分、福岡静哉撮影

 来年1月11日に投開票される台湾の総統選に向け、与党・民進党の候補者選びが難航している。党内の予備選は再選を目指す蔡英文総統(62)と前行政院長(首相)の頼清徳氏(59)による一騎打ちの構図。蔡氏は予備選に敗れれば、1期目の任期満了(来年5月)で総統退任となる。蔡氏が頼氏に出馬断念を迫るものの、頼氏がこれに反発し、対立は深まっている。

この記事は有料記事です。

残り4092文字(全文4261文字)

福岡静哉

台北特派員。1978年和歌山県生まれ。2001年入社。久留米支局、鹿児島支局、政治部などを経て2017年4月、台北に赴任した。香港、マカオのニュースもカバーする。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者25人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです