メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「100万回の殺害予告」唐澤貴洋弁護士に聞く 人権侵害のこと、2ちゃんねるのこと…

殺害予告された体験について語る唐澤貴洋弁護士=東京都港区の法律事務所「Steadiness」で、大村健一撮影

 7年前、依頼を受けてネット掲示板「2ちゃんねる」(現5ちゃんねる)の書き込みの削除要請をした唐澤貴洋弁護士(41)は、殺害予告や盗撮などの嫌がらせを受け続けることになった。政治的、思想的な背景は全くない。匿名の群衆から一方的に攻撃された唐澤さんは、昨年12月に初の著書「炎上弁護士~なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか」(日本実業出版社)も刊行した。加害者や2ちゃんねる開設者の西村博之氏とも対面した。過酷な体験をつづった本に込めた思いを聞いた。【大村健一/統合デジタル取材センター】

 ――いつ、どのようなきっかけで嫌がらせは始まったのですか。

この記事は有料記事です。

残り3708文字(全文3990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです