メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

サンウルブズ、史上最大の屈辱敗戦 参戦4年目で初の無得点(スポニチ)

[PR]

スーパーラグビー第11節 ハイランダーズ52―0サンウルブズ(2019年4月26日 秩父宮)

 サンウルブズはニュージーランド・カンファレンス4位のハイランダーズに0―52で大敗し、今季8敗目を喫した。古巣戦に燃えるSH田中史朗(34=キヤノン)が先発に名を連ね、ウルフパックから合流したフッカー堀江翔太(33=パナソニック)らが途中出場したが流れは変わらず。準備不足からかミスを連発する始末で、今季ワースト失点だけでなく参戦4年目で初の無得点に終わった。

     試合終了後の秩父宮に、深いため息が充満した。ホーム初勝利を狙ったサンウルブズが、今季ワーストの52失点。参戦4年目で初の無得点ゲームとなり、プライドをへし折られた。トニー・ブラウンHCは「しっかり準備しないとコテンパンにやられる」と嘆き節だった。

     平成ラストマッチは、チーム史上最悪の屈辱劇だった。前半5分、中央を破られ、あっさり先制トライを許す。スクラム、ラインアウトから崩れ、前半だけで33失点。ブレークダウンでも制圧され、世界No・1と呼ばれるニュージーランド代表SHアーロン・スミスにもてあそばれた。古巣戦に燃えていた田中は「自分たちのやりたいラグビーが全然できなかった。ミスが多かった」と唇をかんだ。

     指揮官は敗因に「メンタルの準備不足」を挙げた。ウルフパックから合流した堀江も、練習中から「こんなんでいいんかな……」と予兆を感じていたという。何も言い訳のできない「0点」。厳しい現実を突きつけられた。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

    2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

    3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

    4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

    5. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです