メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成から令和へ

改元・福島 婚姻届、自治体盛り上げ 来月1日は大安、対応職員増 撮影コーナーや記念品も /福島

郡山市が用意する記念撮影コーナー=福島県郡山市駅前「ビッグアイ」の市民サービスセンターで

 「平成」から「令和」へと変わる5月1日は大安と重なり、婚姻届を提出する人の増加が予想される。県内の自治体は窓口で対応する職員の数を増やすほか、記念撮影コーナーや記念品を用意して、祝賀ムードを盛り上げる。【寺町六花】

 福島、郡山、いわき、会津若松の各市などは窓口の担当職員を通常より増やす予定だ。郡山市市民課の担当者によると、クリスマスなどの記念日には例年でも婚姻届の提出数が増えることなどから増員を決めた。「4月に入ってから、婚姻届を窓口に取りに来たり、記入内容に間違いがないか確認しに来たりする人が増えている」と…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  2. かんぽ再開、3度目延期へ 不正契約9000件に 調査完了のめど立たず

  3. いじめ訴える女児に適切な対応せず、自殺未遂 山口・下関の市立小

  4. 悼む 大相撲の井筒親方、元関脇・逆鉾 井筒好昭さん=9月16日死去・58歳

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです