メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ

@関市・平成地区/中 新時代前に熱再び 土産売り場盛況、イベントも /岐阜

 「これは明日から忙しくなるぞ」。旧武儀町役場で企画商工課長を務めていた村上忠一さん(77)は、平成への改元時、そのような思いが真っ先に頭をよぎったという。予感は的中する。

 地区には目玉となる名産品がなかった。それでも、しいたけの産地だったことから、町役場が主体となり「しいたけクッキー」や「しいたけスナック」を販売。飛ぶように売れ、東京都内の大手デパートにも納品するなど好評だったという。そのため、廃業した漬物工場の建物に急きょ土産物売り場を造り、観光客の要望に応えた。

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文935文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  4. 参院選、投票率前回下回る 22日未明に大勢判明
  5. 米ニューヨークで一時大規模停電 ミュージカルも中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです