メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ

@関市・平成地区/中 新時代前に熱再び 土産売り場盛況、イベントも /岐阜

 「これは明日から忙しくなるぞ」。旧武儀町役場で企画商工課長を務めていた村上忠一さん(77)は、平成への改元時、そのような思いが真っ先に頭をよぎったという。予感は的中する。

 地区には目玉となる名産品がなかった。それでも、しいたけの産地だったことから、町役場が主体となり「しいたけクッキー」や「しいたけスナック」を販売。飛ぶように売れ、東京都内の大手デパートにも納品するなど好評だったという。そのため、廃業した漬物工場の建物に急きょ土産物売り場を造り、観光客の要望に応えた。

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 河井前法相・案里夫妻 潔白なら「捜査中」でも説明可能

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. 新型肺炎 中国の死者計56人に 発症者は1975人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです