メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふじさん巡り

富士・おおぶちお茶まつり 冠雪と茜だすき茶娘共演 /静岡

写真愛好家が多数訪れた昨年の「おおぶちお茶まつり」=2017年5月3日、高橋秀郎撮影

 平成から令和へと元号は変わります。時代が移り変わる中でも、人をひきつけてやまないのが富士山です。そんな富士山の雄大な姿を楽しめる名所や穴場を探しました。

 富士市大淵の笹場地区は、冠雪の富士山と茶畑の景観を楽しめるビューポイントとして人気を高めている。新茶シーズンを迎える大型連休中は好天に恵まれやすく、恒例の「おおぶちお茶まつり」が開かれる。茶娘も加わり、富士山と茶畑、茶娘の共演を撮影する写真コンテストもある。

 笹場地区は東名高速道路・富士、新東名・新富士の各インターチェンジから車で約10分、富士芸術村の近く…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  4. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  5. 世界の雑記帳 捨て犬かと思ったら、純血種のディンゴ 豪民家の裏庭で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです