メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

鳥取 生活・交通 智頭急行 観光交流の起爆剤 鳥取-大阪間、1時間半短縮 利便性向上 /鳥取

青と白のツートンカラーがまぶしい特急スーパーはくと=JR鳥取駅で、川瀬慎一朗撮影

 「かっこいい」「ようやく出発だ」。平成6(1994)年12月3日午前7時43分、大勢の乗客を乗せた特急「スーパーはくと」が智頭駅(智頭町)から滑るように走り出した。ホームや沿線では、園児らは色とりどりの風船を上げ、住民らは旗を振って第三セクター・智頭急行の門出を祝った。

 「観光交流の起爆剤だ」。当時智頭町職員として開業式典の準備に奔走した大呂(おおろ)佳己さん(66)は大勢でごった返す当時の光景が今も忘れられない。「智頭駅は鳥取の玄関口。関西空港も近くなり、世界につながるルートになる」と喜んだ。

 実際、これまで4時間かかっていた鳥取-大阪間が最短2時間34分になった。観光はもちろん、企業誘致に…

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1531文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  4. 東京・新橋で5台絡む事故 子ども乗せた観光バスも
  5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです