メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国人

/62 車椅子の防災士 桑名秀輔さん /四国

車いすの防災士、桑名秀輔さん=高知市で、松原由佳撮影

要配慮者、助かる道作る 桑名秀輔(くわな・しゅうすけ)さん(34)

 南海トラフ巨大地震で被害が想定される高知県で、車椅子の防災士として活躍する。中学1年生で交通事故に遭い、思うように言葉がしゃべれず、体もあまり自由が利かない。だが、学ぶ意欲は人一倍あり、2017年に資格を取得した。自ら「車いすの防災士」を名乗り、母校で防災に関して講演するなど、精力的に活動している。

 中学1年生だった1998年3月、釣りに出かけた徳島県で事故に遭い、一時は生死の境をさまよった。退院後はリハビリを受けながら、勉強を続けた。学ぶことが好きで、高知短大を卒業後、今度は高知県立大の科目等履修生となった。福祉や科学など、関心のある学問を学んできた。

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 夜の銀座クラブ出入り 与党、疑われる本気度 コロナ対策 野党、批判強める

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 入院希望でもホテル行き 糖尿病のコロナ感染者が感じた大阪の医療崩壊危機

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです