メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平成遺産を歩く

/4 到津の森 動物と人間、喜びつなぐ 創意工夫で入園者30万人台キープ /福岡

 緑豊かな丘の上にゾウの展示場はあった。遠足の女子高生が園内で買った餌を差し出すとゾウは長い鼻を伸ばして上手に食べた。「鼻に触れた」などとはしゃぐ女子高校生たちの姿に飼育展示係長の西村武文さん(58)は「ゾウもえさをもらえて喜んでいるんですよ」と目を細めた。

 県内で唯一ゾウを見られる小倉北区の到津の森公園は小倉北、八幡東、戸畑の3区に接する県営中央公園(約90ヘクタール)の豊かな森の一角にある。広さは約10ヘクタール。ライオンやキリンなど約100種500頭・羽の動物たちが暮らす。

 園の前身は1932年に九州電気軌道(現西鉄)が開園した「到津遊園」。遊園地と動物園を備えた施設とし…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文914文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです