メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スリランカ連続爆破テロ

潜伏先捜索、15人死亡 過激派の活動禁止

 【コロンボ松井聡】スリランカの治安当局は26日夜、連続爆破テロ事件の関係者が潜伏するとみられるスリランカ東部の民家を急襲し、武装グループと銃撃戦となった。3回の爆発も起き、民家にいた子供6人を含む15人が死亡、うち3人は自爆した模様だ。AP通信によると、捜索先からは爆薬約150本と金属球10万個のほか過激派組織「イスラム国」(IS)の旗などが見つかった。さらなるテロに使用する目的だった可能性もある。シリセナ大統領は27日、テロに関与した可能性がある過激派団体「ナショナル・タウヒード・ジャマア」(NTJ)と「ジャマティ・ミラトゥ・イブラヒム」(JMI)の活動を禁止した。

 スリランカ当局は国内で約140人がISとの関連があったとみており、そのうち70人以上がすでに拘束さ…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文993文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館
  2. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず
  3. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  4. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  5. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです